デジタル印刷のバリエーション

印刷工程の1つであるプリプレス工程には、 DTP機器を操作しデザインやでき上がりに
工夫を加えながら印刷データを製作する仕事と機械にかける刷版の仕事があります。
また、デジタル・プリプレスでは、同じ印刷前工程でも従来の写植版下方式と異なるため、「デジタル印刷」と区分しています。

デジタル印刷は、 出力結果の違いから、次の3つの方式に区分されています。
まず1つ目の方式は、フィルム/PS版方式(CTF方式)です。
これは、出力用データを、出力機であるイメージセッターでレーザー露光して製版フィルムを出力し、
そのフィルムをPS版(感光性のあるアルミ板)に密着して焼き付け、 現像処理して刷版を作る方法です。

2つ目の方式は、CTPプレート方式です。
これは、出力用データを、CTPプレートに焼き付けた状態で出力する方法です。
この方式には、CTFより工程が短縮されるとともに、フィルムに起因する品質不良が派生しないというメリットがあるため、一般化している方式です。

最後に、3つ目の方式、オンデマンド方式です。
刷版を作成することなく、専用の印刷機で組版デー タをそのまま印刷する方式で、
必要なときに必要な部数の印刷ができるということからオンデマンドと呼ばれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です