印刷業界の多様性

印刷とは、原稿をレ イアウ ト・ 編集して、原版になる組版・ 製版、機械にかける刷版などを製作し、機械にかけて印刷を行います。さらに、 ぺージ物であれば製本したり、用途によ っては光沢加工 などの加工を施しながら、書籍や チラシ、ポスタ ー、 パン フレットなどに仕上げていきます。 これらの工程から、 プリプレス (印刷前工程)、 プレス ( 印刷 )、 ポストプレス ( 印刷後工程)と段階的に区分する こと ができ、そ れぞれの段階には、専業メ ーカー が存在しており、連携を取りながら、印刷 産業を形成しています。プリプレスでは、企画、デザイン、写植、版下、製版などの作業が行われ、デザイン会社や製版会社などがこの 段階で登場してきます。
次にプレスの段階では、印刷技術の違いから、 凸版(活版)、平版(オフ セット )、 凹版 (グラ ビア) 孔版シルクスクリー ン等特殊印刷)の四つに区分された印刷会社が登 場しますが、最近は製版のデジタ ル化や電送技術の革新 などによ って、凸版、平版はもとより、凹版、孔版の区分も明確ではなくなってきており、 ポス トプレスでは、裁断・折り ・製本・光沢加工など仕 上げに合わせた加工業者が登場してきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です