目的を明確に見据える

「3万部以上売れてしまったら失敗作だ」これは、とある老舗出版社での企画会議で発せられた言葉だそうです。売れすぎて失敗とは一体どういうことなんだと思われる方も多くいるのではないでしょうか。しかも、ここまで、読者の対象を広げることを重点的に話し、勧めてきたのに何だったんだとお思いでしょう。しかし、それは自費出版のための準備段階での話であり、実際の本の企画という部分を考える段に差し掛かった時は、もう一度原点に還って企画を考えて行かなければならないと言えるのではないでしょうか。「誰に」「何を伝えるために」自費出版を決めたのか、それは自費出版であるからこそ、欠かせない要素となってくるのではないでしょうか。もしかすると、小説や一般書などには当てはまらない事も、場合によってはあるかもしれません。しかし、読者の対象を広げて企画を立ち上げていくのは商業出版に任せておいてもいいのではないでしょうか。自分の時間とお金を注いで創り上げるものが、ただ「売上」だけを残す本であるというのは少し寂しいというか、虚しい気持ちになるのではないでしょうか。また、一攫千金を夢見ているのであれば、自費出版など最初からやらないほうがいいと言えます。本を作るということは、根本に伝えたい事があるからなのではないでしょうか。そしてそういった気持ちで純粋に、誰かのために何かを創ることが、本来の「物作りの本質」だと言えるのではないでしょうか。何のために創るのか、その原点を置いてけぼりにした本など長く残っていくはずはないでしょう。誰のために?何のために?は、著者も出版社も一番念頭においておかなければならないものではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です