さし歯・入れ歯の耐久年数

さし歯や入れ歯は、一生ものではないということを覚えておいたほうが良いと思います。さし歯・入れ歯には耐久年数があります。それに、使う人自身のあごの状態や口の中の変化にともなって、少しずつ合わなくなっていくことも考えられます。しかし、細かい故障や不具合が発生した時に、その都度補修することで長く使えるようになる可能性はあります。

一般的には、保険が適用される入れ歯よりも、適用外である自由診療の入れ歯のほうが、耐久性や機能性が優れているといわれます。

ただし、保険適用の入れ歯でも5年、10年と使い続けることができないわけではありません。入れ歯やさし歯は人工の物ですから、それ自体の素材による耐久性にばかり頼ることなく、定期的に歯科医院で検査とメンテナンスをしてもらったほうがよいと思います。また、もちろん使っている人自身がこまめに手入れをすることも大切です。大切に扱うことが、少しでも寿命を延ばすことにつながるでしょう。

ブリッジは支えとなる両端の歯と一体化させて固定させる、安定感が出て違和感が少なくなります。しかし、支える両端の歯を削って文字通り橋を架けるようにかぶせものをしますから、健康な歯を削らなければいけません。歯を削りたくないのであれば、部分入れ歯という選択肢もあります。また、3本以上の歯が連続して抜けている場合や、いちばん奥の歯が欠けた場合は、ブリッジはできないので部分入れ歯を使うことになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です