矯正歯科治療

上下のあとのずれの改善は子どもの時期だけです。
成人と子どもの時期の矯正歯科治療の 一番の違いは、成長発育を利刑した骨格のずれの改善ができるかどうか、という点にあるでしょう。というのは、岐み合わせや歯並びが悪いといっても、現実的には歯だけの問題ではなく、あごにも大 きな問題があるケースが多いのです。そうした場合、子どもには、早期治療として上下
のあごの成長を抑制したり、促したりして治す方法、つまり骨格と歯並びの両面から治していく方法があ
るのに対し、成長が止まってしまった成人では、歯 の移動で治す方法しか取れません。治療効果にも限界があるといわざるをえないのです。
成人の患者さんには歯周病の人が多いのも特徴です。歯肉に炎症があってはれていたりすると、すぐ
には埼孟歯科治療に入れないので、まず 一般歯科で歯周病の炎症を治して、矯正歯科治療が行える口の 中の環境を整える必要があります。歯周病が進行して歯の周りの骨が著しく減っていると、矯正歯科治 療に耐えられず、治療が困難なことも出てきます。 半面では、岐み合わせや歯並びの悪さが、歯周病の進行につながっている例もありますので、条件さえ整えば、歯周病の患者さんがその改善のためにも 矯正歯科治療を考えるのはいいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です