転医制度

引っ越しなどで通院できない時に治療を続ける必要があるのでしょうか。海外の場合は、安心して治療を続ける転医の制度があります。引越し、転勤、または患者の進学等でやむを得ず医師を変える必要が考慮される場合があります。このような場合、患者にはなじみのない土地で新しい矯正歯科を見つけて、無事に治療を続けるか、また今までしてきた治療と費用が無駄になりはしないかという懸念が出てくると思います。矯正歯科専門開業医を推薦する理由の1つが、医師の治療の引き継ぎに問題があるためです。

矯正歯科専門開業医の全国的なネットワーク組織では、患者さんに、組織メンバーの中から、場所および治療の方法として最も適当な矯正歯科医を紹介することができます。転勤の場合に重要なことは、料金を精算し、矯正歯科医との治療の引き継ぎです。矯正治療の進行状況を確認し、料金を精算してもらうときに、次の矯正歯科医師がスムーズに治療を継続できるように、レントゲン、口腔写真、歯の模型などの資料を送ってもらう必要があるでしょう。過去の治療経過および次の矯正歯科医に要求する治療事項を準備し、円滑に引き継ぎを行うことができるシステムがよいです。転勤先が海外の場合は、転勤先に近い場所で、世界の矯正歯科医のリストをチェックして、英文で治療依頼フォームを送ることも可能です。海外の場合には地域によって矯正歯科のレベルが違うため、他の国には矯正歯科分野が全然進んでいない国も少なくありません。

日本矯正歯科のレベルは世界でもトップクラスであるために、海外で治療を続けるかどうかは相手国の状況をよく確認することが先です。そして治療レベルに問題がある場合、例えば、服務期間中には調整装置をつけて、状態を維持するだけにとどめ、休暇などで日本に戻ってきたときに観察を継続し、帰国後治療を再開する方法も採用されています。