矯正歯科治療の健康保険

一般的な矯正治療は健康保険が適用されません。例外的に健康保険が適用される場合もあり、それは次の状況の時です。

健康保険が適用される場合は、先天性疾患に起因する咬合の異常 (唇または口蓋裂、第一・第二サイキュウ症候群、鎖骨頭蓋骨の骨、クルーゾン症候群、トリチャーコリンズ症候群、ピエールロバン症候群、ダウン症候群など)や、ラッセル・シルバー症候群、ターナー症候群、ベックウイズウイードマン症候群、尖頭合指症 (アパートシンドローム)などがあります。

「クルーソン シンドローム」・・・頭骨形態の異常が顕著で、前の額の部分が膨隆し、歯の欠乏、根の形態異常、顎の骨の形成不全によって、下顎前突出などを見ることができます。

「トリチャーコリン シンドローム」・・・下顎顔面異骨症とも呼ばれます。顔面が特異的で奇形、難聴、口蓋裂、下顎骨の形成不全によって、上顎前突などが見られる。

「ピエールロバン シンドローム」・・小下顎症、舌根沈下、牛舌、口蓋裂、下顎骨の形成異常などが見られる。

「ダウン シンドローム」・・・特徴的な顔の形をし、舌の突出、下顎前突出または開咬などの異常がある。

医療機関によっては、所得に応じて、自己資金の一部を政府から交付されます。顎の手術を伴う顎変形症矯正歯科や手術前後の矯正治療は、顎口腔機能診断施設で健康保険の適用が可能です。