現代っこの特徴

現代っ子の最大の特徴は、ビデオ、ゲームなど、視覚的な訴えに対して非常に敏感に反応することです。今、矯正歯科治療の現場では、現代っ子の気質にアクセスして、子供たち自身の間に「矯正治療をしたいと思う!」とする考えを育てる行為が行われています。方法は、初期治療の段階からデジタルカメラで口の中を撮影し、その説明する際、画面を大きく写して見せるということ。これにより、小さい子供さんも、その時に見たことのない自分の口の上下すべてが見える写真を見て「歯並びがひどい」とか「すぐに治療が必要」だと思うことです。矯正治療の世界では、口の中の写真、正面、側面、スマイルなどの写真、歯、骨、顔の位置を確認するレントゲン写真など、多くの写真が正確な診断をサポートしていますが、それらは患者の動機付けの手段としての役割をすることになります。

ホームデンテイストとの連携関係

ホームデンテイスト (歯科医師) との関係は、矯正歯科医と自動車の車輪のように、一緒に治療します。子供大人関係なく矯正治療は専門的なアドバイスを受けることができる矯正専門のクリニックで、と考えます。矯正治療が必要な歯を抜くことと、虫歯の治療は一般歯科、小児歯科で実施し、双方のよりよい協力関係を基に、治療を進めて行くことが理想的です。

実際はどうでしょうか。専門医制度についての世論調査で、ホームデンテイストがあるかどうかを質問したところ、 73% が「ある」と答えています。また、歯科を受診したときホームデンテイストに相談したか、という質問にはさらにそのうちの 66% が「相談した」と答えています。おいしいレストランを見つけるために実際に食べた人のクチコミが影響を及ぼすように、医師から信頼できる矯正歯科を紹介してもらうことが、矯正治療を開始する有効な方法であることが理解できます。老後を迎えようとしたときに自分の歯が何本残っているか、自分の歯でかみ、おいしく食事ができるかどうかが、寝たきりの問題を含む健康に大きな影響を与えることで知られています。

入れ歯やブリッジなどの補綴の準備や歯周病予防にも矯正治療は有効であり、中高年の矯正歯科治療が今後さらに必要とされています。矯正治療と、ホームデンテイストとで定期的に行う歯科治療は、健康という大きな道を進む車の両輪であると考えられます。