歯科医院の選び方①

歯科の医院を選ぶ時、何を目安にしたらいいですか?看板に「矯正歯科」だけを掲げていることが、一つの判断材料になるでしょう。矯正単科、学会認定医、が目安の一つです。最初に知っていただきたいのは、現在の「歯科医師法」では、歯科医であれば誰でも、「一般歯科」「矯正歯科」小児歯科」「口腔外科」の四つを診療科目として掲げることができます。また、専門医と看板に出すことは、まだ認められていません。

だが、良い矯正歯科医(診療所)を選ぶには、どういう点をチェックすればいいでしょう。比較的判断しやすい目安としてのポイントを挙げてみましょう。

① 矯正歯科専門の開業医であること

看板などの診療科目が、「矯正歯科」だけかどうかを確認してください。「一般歯科」と「矯正」科の両方を掲げている診療所は、一人の歯科医が両方を兼任しているか、または、大学病院などからの矯正歯科医が日を決めてアルバイトで矯正歯科を担当している場合と考えられます。非常勤の担当医の場合は、患者さんとのコミュニケーション不足や急なトラブルへの対応、責任の所在がはっきりしないことなどが心配です。

② 日本矯正歯科学会の「認定医」資格を持つこと

認定医とは、学会が定めている資格で、資格取得には、大学病院の矯正歯科での臨床研修歴が最低五年と、論文、自分で治した症例が三十例という条件が必要となります。さらに、この上に「指導医」の資格も存在します。ただしこれらの資格は、まだ看板や広告には表示できません。また日本矯正歯科医師学会にはホームページがあり、認定医の名前が全部角県別に出ています。そこで、自分が受診しようとしている医師が認定医かどうかの確認ができます。

③ 日本臨床矯正歯科医会の会員であること。

矯正歯科医師会(通称)は私達矯正歯科専門開業医のネットワーク組織です。入会には、五年以上の矯正歯科臨床経験と会員三人の推薦が必要である上、理事会の承認を得る必要があります。全国に462人の会員がおり、転居による転医の際など、紹介や引き継ぎがスムースに行えます。また、「患者さんのために」を目的にとする共済制度が確立しており、万一、担当の矯正歯科医が病気になったりしても、治療が支障なく引き継がれる転医システムが確立しています。

④ 育成・更生医療機関、顎口腔機能診断施設

先天性異常による不正咬合や、顎変形症に伴う外科矯正治療の場合、健康保険がきく医療機関です。それらの疾患の方には大切なポイントでしょう。