歯周病は早期発見、早期治療

●自覚症状のない病気

歯茎の骨が溶けてしまう歯周病は、骨が溶けることを開始しても痛みも痒みもありません。歯が揺れることもありません。痛いし、指で押すと歯が動いて、歯茎から臭い膿が出るようだともう重症です。一般に重症になってはじめて歯周病の治療を開始することが現実です。だから、長い時間にわたる特別な治療をして歯の寿命のばすことが精一杯、という状況が、現在の歯周病の治療だと思われています。

●重症になってはじめて歯周病の治療を開始している

歯科医は、歯周病とは歯の周りの骨が完全に溶けていたものを念頭に置きます。重度の歯周病疾患は、患者のかなりの努力がなければ、治療単独で進行を防ぐことはできません。

自覚症状がないために、患者はかなり悪化しても認識しません。このような状態に歯科医も、進行しないと認識しません。患者が意識していないために治療を開始するのは難しい病気です。

歯周疾患は治療で進行を遅延させることはできますが、治療しても元の状態に戻すことはできません。どれだけ早期に発見し、すぐに進行を止めるのが重要です。ブラシをかけ、歯茎から血が出たことがある人はすべての前のページの図で上から2番目のボックスの下にいる、と考えてください。

●かぶせる治療

歯茎が少し柔らかい状態を見つけることは困難な仕事はありません。重度の歯周病は、患者のかなりの努力なしで治療することはできません。多くの歯科医がちょっとした症状の変化に気づいてもらえません。歯茎の腫れはそのままにして急いでかぶせたり、削ったりという治療が行われます。この治療は早期に終了するために患者には評判がよく、歯科医の収入が上がります。しかし、歯周病の危険度を一気に増加しています。歯周病と虫歯の危険性を本当に知るためには、先に口の中の清掃を十分に行うことができるということを前提とします。適切にブラッシングをする。そうすることで、真の診断が可能です。

●若くてもすぐに悪くなる歯周病

一般的な食生活をしていて、口の中を清潔にしていても、歯が抜けるほどの歯周病になってしてしまう人がいます。これは免疫システムに異常がある人、特別な細菌の歯周疾患です。通常虫歯や歯周病を引き起こす細菌は口の中でも人間の体と仲のいいバイ菌です。普段は隠れている悪玉菌が、健康な人の口の中に病気を引き起こす時は、甘いものを食べて歯を不潔にしたり、唾液や歯ぐきの抵抗力が弱い場合です。