歯は老化ではなくならない

悪くなって治療する、歯が破損した場合は入れ歯を入れる、前歯だけきれいにしたい。このような間違いだらけの歯科治療を受けていないのでしょうか?7年かけて入れ歯なるのは、仕方がないことですか?今はそのような時代ではありません。歯は、『本当』の歯科治療法を知らないために失われてきました。

●入れ歯の開始、それは6歳の虫歯から

下あごの門歯から数えて6番目。その大きな歯が、小学校に入る前に生え始める大人の歯、第一大臼歯です。この第一大臼歯がどの程度ダメージを受けるかで、あなたがいつ入れ歯を必要とするかを、占うことができます。今まで通りの歯の手入れを続けていると、いつ入れ歯になるか、予測してみてください。

髪が薄くなり、シワが増加するのは、病気ではないです。それにも関わらず、歯がないのは、病気が原因です。実際に60歳の人はどこかに義歯を入れています。これは日常のお手入れが、年をとっても自分の歯で食べることを考慮していないためです。歯科診療が不適切で、かえって歯をだめにしていることもしばしばです。第一大臼歯は最も長い時間、かみ合わせの重要な役割をします。これが同時に最も虫歯にかかりやすい歯でもあります。

●治療するほど悪くなる

第一大臼歯が虫歯になると、削って詰めますが、子供の頃の治療は、大人になる前、再度クラウン(金属をかぶせる処置) を行うことになってしまいます。もし治療が悪かったり、口腔の衛生状態が悪いと金属内部に虫歯が進行し、歯茎の病気につながります。管理が悪い場合、中年になる前に歯を抜かれ、50歳以降のブリッジは、周りの歯がなく、入れ歯になります。また口の中の悪い衛生状態が続くことで、あっという聞に入れ歯になることがあります。入れ歯の開始は、第一大臼歯の子供の頃の虫歯といっても過言ではありません。第一大臼歯の虫歯予防と治療方法は、生涯自分の歯でかむための鍵です。