歯の寿命と喪失の現実

●歯はどのくらい持続するか

虫歯や歯茎の病気にならない場合、どのくらい歯の健康が続くのでしょうか。歯を支える歯茎の骨は健康な人の場合、加齢で1年間に0.06 ミリだけ下がります。厚生労働省作成の調査結果によると、下の顎の臼歯は、女性は平均43歳、男性は平均47歳から失われるとされています。日本人女性 (平均) 50歳までに下顎の歯を失い、30年近くは義歯のお世話になるとのことです。男性に比べて女性の歯の平均寿命が短いことも特徴です。寿命は女性が長く、女性はずい分長く、入れ歯生活を送ることになるのです。

●歯科医師と患者が損なっている歯の寿命

歯科医学の専門書にかかれている「歯の寿命」というと、治療した歯が、最終的には欠けてしまう図が描かれています。治療をして、それが虫歯になって、入れ歯になるというストーリーです。これは言い換えれば患者と歯科医が損なっている歯の寿命です。生涯自分の歯で食べられるように、患者個人個人に対して、歯の病気を診断し、管理すれば良いことです。歯科は、歯が痛くなったら通院するところでしょうか。義歯をもらうために使われるところでしょうか。年を重ねてもきれいな歯の健康を保つために歯科医に行くことは、歯科医の上手な利用方法です。ほんとうの歯の寿命は、大人の歯が生えた後、削ったり詰めたりせずに、年のために歯茎が少し下がってしまっても、そのまま働いて寿命を終えることです。人間の寿命が長くなっても、適切な健康管理ができず、年をとると歯がなくなります。それだけならいいのですが、劣悪な虫歯治療がむしろ虫歯を大きくし、歯周病を作ってしまうと、自然の状態ではありえないスピードで歯がなくなっていきます。人生60年のときと比べて、寿命が劇的にのびた結果、不便な生活ものびてしまいました。

●治療で悪くなる人が多い

厚生労働省の調査では平均12本の歯を消失しています。これは不摂生な生活、または治療ミスが繰り返された結果です。残念なことに、多くの歯科医は何十年もの患者の将来を考えた治療をしません。虫歯を削って詰める治療は適切な時期に実施しないと、むしろそれ以上虫歯を増加させてしまうのです。一度削ってしまうと、歯は悪くなります。大きくなってしまった虫歯を削ることによって施される治療は、歯の神経 (実際には生きていくために重要な血管の集まり) を殺してしまい、歯茎や噛み合わせに非常に悪い影響を与えます。歯科医は毎日このような患者を治療しています。自然に悪化するよりも、むしろ治療によって悪化した患者のほうが、ずっと多いことが現実です。

悪いところを削り、人工の歯で補う治療をするほど、歯の健康は悪化します。その結果、50代後半から30年近く入れ歯生活を送るのです。

悪いところを治療するためだけに使用せず、健康を保護するために歯科に行くことは、歯科医の上手な利用方法です。

永久歯が自然に抜けることはありません。通常歯科で抜かれます。治療が遅れていた歯は、抜くだけしかできないためです。とはいえ、若い頃から通ったが、そうなる前に何も手を打っていない歯科医なら、少し考える必要があります。悪くなると削る。より悪くなる場合は抜いて、入れ歯を入れる。歯科医は腕に自信がある場合、「切る、抜くことによって解決する」と考えています。保険医療制度も削ったり抜いたりすることで歯科医の収入が増加する構造になっています。前の歯が消失した患者、片側だけ完全に消失した患者、下顎が総義歯の患者がいます。自然な病気の進行だけでは考えられないことです。後を考えずに悪くなった歯を抜いてしまうと、体に良い入れ歯を作ることも難しくなってしまいます。