歯と歯ぐきの病気は歯垢が原因

●人の口の中には300個以上の細菌がいる

人の口の中には300種類以上の細菌が生息しています。生まれたばかりの赤ちゃんの口や、腸の中には細菌はありませんが、生後数日のうちに両親や兄弟から、人の口の中に存在する多くの細菌が移動します。歯の成長が始まると、虫歯を起こす細菌や歯周病を起こす細菌が発生します。口の中に生息する細菌や、食べる回数、唾液の量と質、歯と歯茎の間から発生する体液 (歯肉溝液) によって、細菌の増加や歯面への付着具合が異なります。

●細菌の塊と、プラークが歯周病の原因

条件が整うことによって、細菌の集団が歯の表面にしがみつき、ネパネパの糊を分泌することによって、さまざまな種類の細菌が蓄積し、増殖して厚い層を作ります。これらの細菌のかたまりが、歯垢(デンタルプラーク) となります。プラークが集まれば、歯茎に炎症が生じます。歯と歯茎の境界、またはその他の種類の細菌の塊が発生します。

歯と歯茎の間からの体液を栄養にしたプラークは、細菌の力を借りて、歯茎の下に増殖します。このプラークが歯肉の炎症、歯肉炎に発展すると見なされています。健康な歯と歯茎の境界は断面でみると、深さ2ミリくらいの溝があり、その下の歯茎と歯の表面がしっかりとくっつき、下の歯肉組織が歯の根の中に入ります。歯茎が腫れると、歯と歯茎の境界の溝が深くなります。体内にあるべきところが、外部に露出してきます。歯と歯茎を付けている繊維が溶け、歯周病細菌が歯と歯茎の隙間に入り込みます。