成人矯正のケース

娘が矯正治療できれいな歯並びになっているのをみると、44歳の女性も、20年間苦しめられて来た悪い歯並びを治療したいと、決心をした。夫からは「なんで今・・・・」と言われたが、今後の私の人生を後悔しないようにしたい、と説得した。歯並びと出っ歯の状態。歯周病があるので、まずそれを治療し、矯正治療を開始する。娘よりは、歯の移動に時間がかかる。補正も長くする必要があるし、歯周病の悪化、金属冠の疾患の再発などが発生した場合の治療期間は、より長くなると、子供の治療との違いを説明された。だからマルチブラケット装置を搭載した。上下第1小臼歯を抜歯してスペースを確保。いよいよ装着の日。約2時間が取り付けにかかった。思ったより痛みもなかった。ゴムの装着など、娘の治療を知っていたので簡単にできた。1か月に1回訪問治療をした。装置や、ワイヤーの交換などを実施した。診察に行くたびに「先生、どのような治療していますか。」と聞いてしまう。歯を磨くために様々な歯磨き粉を購入して楽しんだ。矯正開始1年後、歯周病の急性発作が起こったために、歯のワイヤーを除去、近所の歯科医で治療することになった。

2週の間のワイヤーを削除したために、歯の位置が少し戻り、ワイヤーも1段階前の状態に戻ったが、ゆっくり動いている様子。すぐに治療してよかったが、もっと遅れることがなく良かった、と先生は励ましてくれた。