歯科医にかかる時のポイント

 

自分にあった良い歯科医を選択することは、歯の問題を解決する最も速い方法です。どのように歯科医院を選択するのでしょうか。

(1) 歯科医に通う前に相談内容を整理します。

相談するとき、いいたいこと、聞きたいことがたくさんありますが、しかし歯科医師との場合では、それらについて言いのがしたり、聞きのがしたりすることも少なくありません。事前に言いたいことをまとめると良いでしょう。そしてそれらの悩みを確かに伝えてください。初診に相談する時、咬み具合または歯並びに関係することを歯科医に十分に提供することが重要です。専門的な言葉は必要ありません。治療方針や治療費などの歯科医の説明に、重要であると考えられることは注意をしましょう。最終的決定は、患者本人とその保護者です。治療方針に対して、矯正歯科医から十分に説明を聞いて、納得してください。「YES」「NO」と意思表示することも自身の判断です。

(2) 検査を受けてみてください。

初めての相談時に、歯科での治療と費用の説明をうけて理解した後、精密検査を受けましょう。口と口の中の写真、歯や頭部のレントゲン写真などの検査に基づく歯科医師の治療を必要とします。

(3) わからないことは何でも質問

治療方針、進行状況および治療費についてわからないことがあれば歯科に何回でも質問してみましょう。

(4) よりよい関係を意識して

歯科治療は患者さんと歯科医の共同作業です。互いにコミュニケーションを十分に取り、よりよい関係を作ることが治療成功の近道です。歯科医との関係強化のために積極的に治療に参加し、良いパートナーになって下さい。治療を開始する場合はもちろん、治療中、治療方針や今後の展望などについて、適切に質問します。治療経過は常に把握するようにして下さい。患者が子供の場合、歯科医に任せてないで、両親が来て、治療方法を確認しましょう。

(5) 治療前からの変化を伝えてください

歯科治療には咬みあわせた時の感覚や痛みの有無など、最後の処理以降の変化については歯科医師にきちんと伝えましょう。歯科治療は歯と顎の骨に弱い力を加えることによって歯を移動し、顎の成長を制御する医療行為です。治療には、限界と不確実性があり、場合によっては治療方法が違うこともあることを覚えておいてください。